消費者紛争の解決

消費者紛争の解決
消費者が、物品の購入やサービスの利用などで消費者被害を受けた時は、どのようにして解決すべきでしょうか。

消費者が購入した物品などについて問題が発生した場合、その紛争の解決方法としては、①消費者と事業者間の直接的な協議による解決、②消費者団体など第三機関による斡旋・調整・仲裁による解決、③訴訟による解決、とこのように大別できます。

消費者は直接事業者に連絡して被害の事実を知らせ、被害の補償を要求することができます。事業者が消費者のこのような苦情及び補償の要求を拒否するなど、事業者と直接的に解決できない場合、地方自治体の消費生活センター、韓国消費者院、消費者団体などに被害救済の申請をするか、あるいは裁判所に少額事件審判、支払命令、民事調停、民事訴訟などを提起して紛争を解決することができます。

Key Contents

  • bookMark
  • history
  • suggestion